2011年03月

何とか持ち堪えてた

旦那さんの実家 あれだけの被災にも耐えたようです。
多少ガタは来たけど、昔の職人さんの腕が 古家を踏ん張らせたらしい。
使われた大黒柱やその他の部材 良いものを使ったらしく、屈強の館で
今に至るのね。築100年は超えているそうです。
今度帰郷出来た時に、屋根裏に表記されている内示 見てくるわ~。
屋根裏を覗くの好きかもね。 施主が誰で、棟梁が誰とか書かれてる。
昔は女が上がっちゃ駄目だったんだよね。

この事実を知ったのは、津波発生後10日を過ぎて漸く見届けてくれた
姉達に感謝しなくちゃね。 お墓も無事建っていた。
旦那はほっとしたのか・・・ 横に成ると大鼾をかいてます。
安堵が一気に爆発したのかもね。ご苦労様~~~ですよね。
それでも 仕事は休まずに行く所が、涙ぐましい所です。仕事人間なのだ。
顔つき合わせて、溜息ついているより前向きな人種なのだ。

私に与えられたのは、パソコンとテレビの確認事項でしたわ。
普段の数倍の読み込みや、検索で腱鞘炎に成るんじゃないかと思った。
家事と買出し以外の時間を省くと 新聞のスクラップと災害情報に費やした。
自分でも 頑張ったな~と誉めたかったが、全てが終わったわけじゃないから
まだまだ気を引き締めて、長期戦で対処しなくちゃ~ね。

明日から起きる時間が 三十分早まるから、早寝しないとね。
普通の生活が戻りつつある。 頑張ろう。。。。。

希望が途切れたかも

旦那の実家(岩手県山田町) 今回の地震の被災地にあった。
今現在は国道も寸断 鉄道も線路が消滅してる。
地震が来て、津波が来て、火災が起きて 三重苦に成った。
町祖も物が 壊滅状態なので 調査すら出来ないらしい。
火災は燃えるに任せるしか策が無かったみたいです。
三月とは言え、夜中は寒く 余震に怯え寝た気がしないだろう。
体力消耗も 尋常ではないだろう。
姉達の事想ったら、寝不足だ何て贅沢言っちゃ バチ当たりだね。

此方から連絡は厳しいです。 先方から連絡待ちですね。

沢山の人達が行方不明に成ってます。
無事を祈りたいけど、微妙な状態で、連絡が付いても聞けません。
海で漂流してる人も助けられてます。
無事に家族の元に戻れる事を願いましょう。

貸すか貸さないか

もし道路で 見知らぬ人から 困っているので携帯貸してくださいと言われたら
如何反応すれば 良いのかな
持ってはいても無防備にその場で差し出せますか? 
冷静に万が一を考え断るか? 優しいおばさんに成るか考えどころです。
時代的には どんな状況が待ち構えてるか解からないから油断は出来ない。

家族は 断るべきだと言うし・・・ 私もそうだと結論を、出し断った別けだしね。
孫に聞いたら 高校生は簡単に友人なら貸すそうです。
しかも本人の携帯が復活するまでって・・・如何なんでしょうね。
保護者に没収されるくらい 反省の色無しの友人に貸すか? 有り得ない。
多分使用料金を保護者が払ってるから 気にしないんだろうね。

そんな時に 受験生が事件起こしたよね。
彼も親掛かりな子供? 契約者が親だからね。

結構 成人に達していても、未払いの常習者だったりして・・・
新しく契約出来ない人達が多いらしい。珍しいケースじゃないそうです。
遊ぶほうに気を取られ、回線が中断されて気付くらしい。
確かに 未払いだと『契約者様の事情により・・・』が流れるからね。
自分も 管理頑張らないとね。

何処で災いが降りかかるかも解からないご時勢です。



 
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ