早いロケット走るダッシュ 両親を送り出して10年になるなんて・・・
その間の、目まぐるしい状況の変化に付いて行くのがやっとでした。
心が壊れ、砕けて 呼吸すらも危なっかしかったのに、時が解決を出してくれた。
癒されたとは、言えないが 苦しくは無いし、悪夢に魘される事も無い。
ただ・・・何となく生きているだけかも・・・ 自分なりの悪戦苦闘は有るが、微々たる物だし。
誰かの思い出を語れる人が一人でも居れば御の字です。
10年も経てば、親の顔さえ怪しくなるのだから、実弟の顔。。。絶句状態困った
道路で出会っても分からないかも・・・それは困るショック 多分17年は逢っていない筈。汗
記憶の隅っこにも、居ないかも・・・φ(≧▽≦)ぶわっはっは!!
私の記憶の中での、弟は中学生で、毎日我が家に弁当取りに来ていた汗
次に逢ったのが、本人の結婚式。。。 私は臨月 1週間後に出産の為、式にも披露宴にも
不参加でした怒 我が家の父親は、妊婦が冠婚葬祭に出る事を 嫌がる人だから、
こっそり覗きに行きました。 後でガッチリ怒られたのは言うまでも有りません。悲しい
昔かたぎと言うか。。。周りに迷惑をかける(気を使わせる?)
頑固親父と言うよりは、扱い方を知りたくない人でした。 ひ孫が生まれ初めて、膝に上げた。
それくらい子育てには、無関心でしたね(?▽?;)アハハ…
私が、母の世話をしてる時は、父がひ孫を見る様に、画策しました。(悪です私
団地の前にあるブランコに乗りたがるひ孫に、オロオロしてるのを見て、(?ー?)ニヤリッしてた。
そうでもしないと、外にも出ない足跡で家に篭りっぱなしに成るんだから。困った
人間。。。足から年取るでしょう。
でも、介護終わるの早かったな?46歳で二人を送り出した。
その間 孫は、いつも一緒に介護を見て育ちました。大婆ちゃん達の、お世話も力こぶました。
習慣で、当たり前に誰かの世話をするのを 手が掛かるとか、嫌だとかは聞きませんでしたね。
お姉ちゃん達が居る時は、絶対に手を出さなかった。立場を考えていたのです。
その人の、出来ない事だけを手伝う子でしたね。 全部変わりに遣っちゃ駄目を知っていた。
将来 良い介護人に成るでしょう(?ー?)ニヤリッ

今日も 雨雨降っています。洗濯物少なくて助かるわ???
誰も居ない部屋にいると、眠気に襲われるZZZ 旦那の鼾で安眠出来なかったから。
ちょっぴり 休憩タイム(=^ー^)ノ彡☆゜・。・゜★バイバイZZZ